Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36
M1PROとM1MAXチップの新型Macbook Proがおすすめ!特徴や性能を確認してみよう!高性能のMacbook Proはどんな人におすすめなの?
Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

その他パソコン関連・ソフト・アプリ

M1PROとM1MAXチップの新型Macbook Proがおすすめ!特徴や性能を確認してみよう!高性能のMacbook Proはどんな人におすすめなの?

※当サイトはアフィリエイト広告の利用・プロモーションを含んでいます

M1PROとM1MAXチップのMacbook Proアイキャッチ

Macbook Proの発売を待てずに、M1チップのMacBook Airを買ってしまっていた僕ですが、新しくMacbook Proが発売されたら買い直そうと考えていました。

しかし、予想していたよりもちょっと値段が高い。

これでは、僕の予算的には買い替えすることができません。

しかし、値段が高いだけあって、新しいMacBook Proはかなり高性能なんです。

MacBook Airでも十分満足しているんですが、新しいものを見ちゃうと心が惹かれてしまいます。

そんな新しいMacBook Proは、MacBook Airに搭載されていたM1チップの進化型。

M1PROとM1MAXという2種類のチップをそれそれ搭載したモデルがラインナップされています。

今回は、新型のMacBook Proの特徴や性能を確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

M1PROとM1MAXチップのMacbook Proがおすすめ

新型MacBook Proに搭載されるM1PROチップとM1MAXチップの特徴

M1PROとM1MAXチップ

出典:Apple

M1チップとはAppleが自社製品のためだけに独自開発した専用チップ

Windowsなど通常のPCには、頭脳となるCPUの他にも映像処理を行うためのGPUなど様々な部品が別々に組み合わさった形で搭載されています。

AppleのM1チップは、そうしたパソコンの動作に必要となる部品を独自に統合して自社製品に合わせて最適な調整を施した、まさにAppleのためだけに存在するチップを使っているんです。

同じくAppleが開発販売するiPhoneが「Aシリーズ」という独自チップを搭載することによって他のAndroidスマートフォンにはない抜群の使いやすさを実現していることと、思想的には一致しています。

最初に発売されたM1チップは、処理速度など最高性能においてはまだインテル製のチップに劣っていましたが、電力効率やシステムへの適合性ではインテル製チップを遥かに超えた脅威的な性能を示していました。

僕もM1チップのMacBook Airを買いましたが、以前のものよりも性能は格段に優れていると実感できました。

M1PROとM1MAXは、そのM1チップの特性をさらに伸ばした最新のM1チップとなります。

キャンプ川原テーブルの上でMacBookを広げる
M1チップMacbook Airをレビュー!ブラウジングや4K動画編集はどう?性能を改めて確認したら凄かった!!

2020年モデルのMacbook Airがめちゃくちゃ評判がいいですよね。 以前2016年のMacbook Proを使っていた僕は、iMacに買い替えをしたのですが、環境を変えて作業をする為にやっぱり ...

続きを見る

M1PROとM1MAXの差は主にマルチタスク性能

M1・M1PRO・M1MAXを順番に比較して見ていくと、トランジスタ数とGPUコア数、そしてメモリ帯域幅と最大メモリ容量がそれぞれ1.5倍〜2倍に増えていくのがわかります。

感覚としてわかりやすいのが、M1チップの最大メモリ容量が16GBなのに対してM1PROが32GB、M1 MAXが64GBと倍々に増えている点です。

メモリ容量は同時に複数の作業を行う際に重要になってくるため、新型のM1PROとM1MAXは特にマルチタスク性能を強化したチップであると言えると思います。

複雑な計算を同時に行う必要があるCGのレンダリング作業や、高画質動画のエンコード時などには非常に強力な性能を発揮することが期待されますよね。

M1PROとM1MAXを搭載する新型MacBook Proの違い

違い

出典:Apple

新型MacBook Proは14インチと16インチの2モデル展開となっています。

そのうちM1MAXチップを選択できるのは、16インチモデルのみです。

各モデルにおいてM1PROおよびM1MAXチップの細かい仕様を選択できるようにもなっている為、個人の用途に合わせた丁寧なカスタマイズが可能となっています。

最小構成は14インチの本体に8コアCPU14コアGPUのM1PROチップを搭載したモデルとなっていて、最大構成は16インチ本体に10コアCPU32コアGPUのM1MAXチップを搭載したモデルをベースとしたものになります。

メモリやストレージを最大まで引き上げると、まさにモンスターマシンと呼ぶに相応しい究極のMacBook Proが誕生することになります。

その分、値段もモンスターになっちゃいます(笑)

新型MacBook Proのその他の特徴

スロット

出典:Apple

新型MacBook ProはM1PROとM1MAXチップの採用以外にも様々な特徴を持っています。

特にプロ向けノートPCとして歓迎されているのが拡張端子の豊富さです。

下位モデルに当たるM1チップ搭載MacBook AirではUSB-Cポートでしか外部機器と接続できませんでしたが、新型MacBook ProではUSB-Cポートの増量に加えてHDMIポートとSDXCカードスロットが追加されています。

その為、HDMIケーブルで外部モニターに映像出力することもデジカメで撮影したデータをSDカードで取り込むこともUSBハブなしで簡単に行うことができるんです。

またキーボードも改良されていて、インテルチップ搭載の前モデルで賛否両論となっていたタッチバーが廃止され基本的なファンクションキーに置き換わっています。

これらの変更点によって新型MacBook Proは、より使う人を選ばない万能なノートPCとして進化したと言えるんじゃないかなと思います。

M1PROとM1MAXを搭載した新型MacBook Proはどんな人におすすめなのか

16インチ14インチ

出典:Apple

1.M1チップでも困らない?

基本的に通常のノートPCの使い方をしていれば、M1PROチップとM1MAXチップは現時点ではオーバースペックになると考えてもいいんじゃないかと思います。

通常のノートPCの使い方とは、例えばネットを閲覧したり動画を見たり音楽を聴いたりすることです。

それらのエンタメ消費用途で使うのなら、より安価で軽量なM1チップ搭載MacBook Airで大抵の人は満足できるはずです。

僕も、そのエンタメ以外に、動画編集や写真編集などの用途で使うこともありますが、今までそれほど困ったことはありません。

新型MacBook Proが必要になってくるのはまさにプロ向けの用途で、ビジネスの資料作成やシステム開発といった重い作業をする場合になると思います。

2.基本的なビジネス用途であればM1PROチップ搭載14インチモデルがおすすめ

エクセルやワードなどの基本的なビジネスソフトを使う程度の作業なら、M1のMacBook Airでも問題になることはほとんどありません。

ただし、この「ほとんど」というのがビジネス利用においては無視できないリスクになってきます。

たまに重い作業をすることがあったり、複数の資料を同時に開いてメモリ不足になる可能性が少しでもあるなら、マルチタスクに強い新型MacBook Proを購入する価値は十分にあるはずです。

その場合には自分の使用目的と照らし合わせて少し上のスペックのMacBook Proを選ぶと安心できます。

持ち運びを考えるなら、14インチのM1PROチップ搭載モデルを自分流にカスタマイズするのがコスパの面でも最適だと思います。

16インチだと、持ち運ぶ時に重たいのがネックになってくると思います。

3.本格的なクリエイティブ作業をする人は16インチM1MAXモデルを検討しよう

GPU

出典:Apple

CGやAIを使ったクリエイティブ作業、あるいは4K5Kといった超高画質な動画を編集する業務に携わっている人なら、16インチM1MAXチップ搭載モデルを検討する意義が大きくなります。

こうしたPCパワーを必要とする重い作業ほど、一分一秒の時短効果は絶大な意味を持ってくると思います。

多少盛り過ぎなんじゃないかくらいのカスタマイズをしても、仕事が効率化できるのであればそれ以上に重要なことはありませんよね。

また16インチのMacBook ProをメインPCにすれば自宅・職場・外出先といった居場所を選ぶことなくほぼ同じ感覚のまま作業を継続することができるので、重さと大きささえ許容できるのであれば頻繁に移動をする人にも向いていると思います。

またM1MAXチップほどの性能があったら、今後数年間はどんな作業にも真っ先に対応することが可能だと思います。

何か新しいことに挑戦したいと考えている人にも、まずM1MAXチップ搭載の新型MacBook Proを手にしてみることをおすすめします。

それも予算次第なんですけどね(笑)

まとめ

M1PROチップとM1MAXチップを搭載した新型MacBook Proは、めちゃくちゃ高性能なのがわかりました。

処理能力や映像処理理、マルチタスクなどに効果を発揮するこれらの性能は、正直持て余してしまう人もいると思います。

M1チップのMacBook Airで現状満足できている人なら、買い換える必要はないんじゃないかと思います。

しかし、M1チップのMacBook Airではマルチタスク上で映像や画像処理をするともたつく場面もあります。

がっつり映像や画像を取り扱う人なら、M1PROチップとM1MAXチップを搭載した新型MacBook Proは多いに恩恵を受けることが出来るはずです。

またこれだけ高性能なので、購入しておけば数年間は現役でバリバリと活躍することもできそうです。

数年ごとに買い替えをしている使い方をしている人は、そのサイクルを延ばすことも出来るかも知れません。

M1PROチップとM1MAXチップを搭載した新型MacBook Pro、とにかく性能がやばいくらい高そうです。

お財布に余裕があれば、手にしてみたいと思いました。

こちらもCHECK

MacBookのスペック
副業の動画編集を快適にするために必要なMacBookのスペックはこれ!スペックが足りない場合の対応策と必要な周辺機器

MacBookは動画編集において、高い性能を発揮し、また人気が高いことで知られています。 しかし、MacBookにはさまざまなモデルがあり、どのモデルを選べばよいのか悩んでしまう方も多いかもしれません ...

続きを見る

アイキャッチ画像 出典:Apple

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

あっちー

運営:あっちー ブログ歴7年。ブログと合わせてYoutube動画を作成。Illustrator、Photoshopは20年以上前にスクールに通い習得。しかし長年のソフトのアップデートについていけず、再度 デジタルハリウッドのオンライン講座Adobeマスター講座で一通り学ぶ。同時にPremiere Pro、After Effectsも学習。その後は独学でスキルアップ。現在は独学でFilmoraとFinal Cut Proを使っています。

-その他パソコン関連・ソフト・アプリ
-