Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36
動画編集の独学での学習は可能?スクールに通わずに効果的に勉強する方法と必要な物、考えられるメリットとデメリットも紹介!
Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

動画編集の始め方

動画編集の独学での学習は可能?スクールに通わずに効果的に勉強する方法と必要な物、考えられるメリットとデメリットも紹介!

※当サイトはアフィリエイト広告の利用・プロモーションを含んでいます

タイトルアイキャッチ

動画編集は、現代のビジネスやコンテンツ制作において必要不可欠なスキルの一つです。副業を始めたい方や転職を考えている場合でも、動画編集に携わりたいならスキルは絶対に必要になってきます。

しかし、多くの場合、時間が作れなかったり金銭的な事情で、動画編集スクールに通うことは難しいという方も多いでしょう。そこで、動画編集のスキルを独学で学ぶ方法を考えてみました。

動画編集の独学は、実際に多くの人が行っています。かくいう私もほとんどは独学でスキルを身に着けました。

しかし、自己流の独学だけでは、効果的な学習ができない場合もあります。それを防ぐためには、効果的な勉強法を知り、それに沿って学習を進めることが重要です。

この記事では、動画編集を独学で学ぶ際の効果的な勉強法を紹介していきます。正しい方法で学習を進めることで、効率的にスキルを身につけることができます。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

動画編集を独学で効果的に勉強する方法

パソコンと冊子

オンラインコースやチュートリアルの利用

オンラインコースやチュートリアルは、初心者から上級者まで、自分のペースで学ぶことができるため、独学に最適な学習ツールです。UdemyやSkillshareなどのオンライン学習プラットフォームでは、さまざまなレベルの動画編集コースを提供しています。

Udemyなら、セールで安く購入することもできるし、中には無料の教材も複数あります。日本語に対応し日本人の講師が説明しているのでとっつき易いのが魅力。購入した動画には、視聴期限がないので、いつでも見たい時に学ぶことができます。

Skillshareは日本語には対応していませんが、英語字幕が付いているので、多少の英語が分かる方なら学べると思います。

どちらかと言えば、英語字幕を見るよりも、日本語に対応しているUdemyがおすすめ。

これらを利用すれば、費用を抑えつつ独学でスキルアップ出来るかも知れません。

動画編集ソフトのマニュアルの活用

動画編集ソフトウェアのマニュアルは、ソフトウェアの使い方を知るのに役立ちます。マニュアルの中では動画で使い方を紹介しているものがあり、基本的な操作から高度なテクニックまで、豊富な情報を提供しています。

例えばPremiere Proのチュートリアルとして、Adobe公式ページに動画が公開されています。それらを見ることにより、少なからず多少のスキルを得ることができるはず。

また、動画編集ソフトウェアの開発者が提供するオンラインフォーラムに参加することもおすすめです。

YouTubeやSNSの利用

YouTubeやSNSは、多くのプロフェッショナルな動画編集者がチュートリアルやヒント、トリックを共有しているため、学びの場として最適です。

Premiere Proの使い方やAfter Effects、Final Cut ProもFilmoraも、数多くの動画編集ソフトの使い方が説明されています。

欲しい情報を自ら探すことで、効率的に独学が行えるはず。

ただテキストやスクールのように順を追って習うことは難しいかも知れません。

また、チャットやDMなどを通して、他の動画編集者と交流することもできます。

実践を積むこと

実践は、動画編集のスキルを身につけるために最も重要なことの一つです。何もわからない状態から、動画を切り貼りし、音楽をやエフェクトを付ける。わからないことは調べてと、徐々に動画が完成されていきます。

そして、自分で編集した動画を見返し、初めから再生してみると、編集中には気が付かなかった改善点を見つけることができます。

また、友人や家族などに見せてフィードバックをもらいながら、より良い動画を作成するためのスキルを向上させていくことができます。

以上が、独学で動画編集の技術を身につけるための効果的な手段です。

これらを組み合わせることで、効率的に動画編集のスキルを向上させることができるはずです。

ポイント

・Udemyなどのオンライン学習プラットフォームの利用で効率的かつ安価に学べる可能性がある

・動画編集ソフトの公式ページなどで紹介されているマニュアルを活用する

・Youtubeでは数多くのマニュアルやチュートリアル動画が存在するので無料で学べる

・完成した動画を自分以外の人に見てもらい修正点を見極める

動画編集スキルを独学で学ぶために必要なもの

パソコン

動画編集ソフトウェア

動画編集ソフトウェアは、動画を編集するための最も基本的なツールです。ソフトウェアの選択には、自分のニーズや予算を考慮する必要があります。有名な動画編集ソフトウェアには、Adobe Premiere Pro、Final Cut Pro、DaVinci Resolveなどがあります。フリーソフトウェアであるShotcutやOpenShotもあります。

業界で多く使われているAdobe系のソフトは、買い切りではなく、月々の使用料が発生します。その金額は決して安いものではないので、資金不足の時はかなりきつい出費になってしまいます。

Final Cut Proは買い切りですが、初期投資は少々痛い。しかし、一度買ってしまえば追加料金は発生しないのがポイントが高いです。

Youtubeの動画編集の案件ではAdobe Premiere Proではなく、Final Cut Proでの編集の依頼もあります。

DaVinci Resolveは無償版と有償版がありますが、まずは無償版を入手しスキルアップをするのがおすすめ。Filmoraもそうですが、個人的に動画編集を楽しむのには良いかも知れませんが、そのスキルを求める案件はPremiere Proに比べるとかなり少ないです。

副業や転職、または就職でスキルアップを望むのなら、大分痛いですがAdobe cCeative Cloudを契約し、様々なソフトを使える環境にするのが一番です。

ちなみに通常のAdobe cCeative Cloudでは7万円以上しますが、セール時に購入したり、デジハリオンラインのAdobeマスター講座を受講することで39,980円で使用でき、さらに教材動画を閲覧 1ヶ月見ることができます。

独学と言って良いのか、スクールと言って良いのか分かりませんが、ソフトウェアを入手しつつ学ぶことができるのでおすすめです。

パソコンやノートパソコン

動画編集は、高度な処理能力のスペックがあるパソコンが必要になります。その為、高性能のパソコンやノートパソコンを手に入れなければなりません。古くて処理能力が低いパソコンでは編集自体の時間がかかってしまうし、最悪ソフトから素材になる動画を読み込めなかったりします。

また、素材の動画ファイルは、ファイル容量が大きいです。特に近年の高画質な動画では、一つのファイルがかなりの容量になってしまうことも考えられます。

パソコンの内蔵ストレージでは、すぐに一杯になってしまいます。内蔵SSDでは容量が大きくなると、そこそこ高価になる傾向にあるので、HDDや外付けストレージを前もって準備しておくのが良いと思います。

インターネット接続

オンラインコースやチュートリアルを利用する場合は、高速かつ安定したインターネット接続が必要になります。

その為には、もちろんインターネットの接続が必要です。

案件を受ければ、完成した動画をアップロードすることもあると思います。

それらを考慮すると、光回線はもちろんのこと、高速で安定したインターネット回線が欲しいところです。

ただマンションやアパートでは、建物内が光回線になっていない場合もあります。

せっかく光回線を契約しても、それは建物の外までで、構内は速度が遅くなってしまうということもあるので難しいところです。

資料やチュートリアル

動画編集に関する書籍、マニュアル、チュートリアル、オンラインコースなどの教材が、必ずしも必要ではないかも知れませんが、あると便利に使えます。

普段は片手にスマホを持ち、調べごとはさっと検索していると思いますが、専門の書籍の目次から調べるのも効率がいいこともあります。

これらの資料を利用することで、より効果的な学習が可能になります。

創造性と想像力

動画編集はただ切り貼りすればいいというものではありません。案件の中には、こちらのスキルや創造性を求めてくることも多々あります。

素材だけ用意されていて、サンプルのように編集してという依頼が多くあり、それは編集者の感性とスキルが求められるものです。

その要望に応える為には芸術的なスキルが必要であり、創造性や想像力が必要になってきます。

自分のアイデアやビジョンを形にすることができるよう、創造性と想像力を育てることが重要です。

以上が、動画編集スキルを独学で学ぶために必要なものです。これらの要素をうまく組み合わせることで、独学で動画編集スキルを身につけることができます。

ポイント

・通信講座の中にはAdobeのPremiere Pro等のソフトを格安で使用できさらに教材動画をみれることもある

・インターネット回線は安定しつつ高速なものを選ぶ

・手元に紙の書籍があればサッと調べることが可能な時もある

・マニュアルだけではこなせない案件も多数あるため創造性と想像力を育てておこう

動画編集を独学で学ぶメリットとデメリット

パソコンを前に微笑む男性

以上のことから、動画編集を独学で学ぶ時のメリットとデメリットがはっきりしてきたと思います。

メリット

メリット

  • 自分ペースで学習できる
  • 費用が安く抑えられる
  • 自分がやりたことに集中できる

自分のペースで学習できる

動画編集を独学で学ぶ場合、自分のペースで学習を進めることができます。スクールなどで学ぶ場合は、クラスのペースに合わせて進める必要がありますが、独学なら自分の時間やスケジュールに合わせて学習を進めることができます。

それならオンラインのスクールはどうかというと、動画視聴による講座であれば独学と同じ用に自分のペースで学習できます。

しかし中にはZOOMを使ったマンツーマンの指導のスクールもあります。マンツーマンでは、決まった時間に講義がはじまるので、この場合は自分のペースではできません。

費用が安く抑えられる

動画編集を独学で学ぶ場合、スクールに通う費用がかからないため、費用を抑えることができます。また、上記でも説明した通りインターネット上には無料の動画編集ソフトやチュートリアルが多数存在しているため、手軽に学習を始めることができます。

価格が安いオンライン動画編集スクールを見てみると、最低でも55,000円程かかってしまいます。もし数ヶ月しっかりと学びたいとなると何十万円という資金が必要になってきてしまいます。

自分のやりたいことに集中できる

独学で学習することで、自分が興味を持つ分野に集中することができます。スクールで学ぶ場合、カリキュラムに従って学習を進める必要があり、自分がやりたいことに時間を割くことができない場合もあります。

多少動画編集をかじった事がある方だと、知っている内容を再度学び直すということになってしまいます。

不得意の分野や学びたい作業が決まっているのなら、独学の方が早く取りかかれると思います。

デメリット

デメリット

  • 学習の質が保証されない
  • フィードバックが得にくい
  • モチベーションが続きにくい

学習の質が保証されない

独学で学習する場合、学習の質が保証されないことがあります。スクールでは現役のプロ動画クリエイターが教えてくれるので、間違った知識はほとんどないはずです。

自分で調べて学ぶ場合には、その順序や信憑性など、怪しいこともあるかも知れませんよね。

でもどれが正しいのか間違っているのかの判断もし難いですし、効率が悪い方法を学んでしまっている可能性も捨て切れません。

正しい知識や技術を身につけるためには、信頼できる情報源や資料を見つけることが重要です。

フィードバックが得にくい

独学で学習する場合、自分の作品に対してフィードバックを得にくいです。スクールなどで学ぶ場合は、講師やクラスメイトからフィードバックを得ることができるため、より良い作品を作り上げることができます。

独学だとそうはいきませんよね。多くの人も目に触れる機会も少ないはずだし、身近な人にフィードバックを求めても動画編集に疎い方だと、的確なアドバイスが得られません。

モチベーションが続きにくい

独学で学習する場合、モチベーションを保つことが難しい場合があります。毎日決まった時間に勉強するなど、スケジュールをしっかり管理できればいいのですが、それがなかなか難しい。

学習することを徐々に先延ばしにしてしまい、結局学習する意欲がなくなってしまったなんてよくあることです。

スクールなどで学ぶ場合は、講師やクラスメイトとの交流や仲間との競争心などからモチベーションを維持することができるし、オンラインでも高いお金を払ってしるので途中で投げ出すこともできません。

以上が、動画編集を独学で学ぶ上でのメリットとデメリットになるのではないでしょうか?

まとめ

動画編集の独学での学習は、インターネット上のチュートリアルや動画編集ソフトのマニュアル、書籍や教材を活用することで可能です。

必要な物としては、動画編集を処理できる高性能なパソコンやノートパソコン、動画編集ソフトウェア、チュートリアルや動画編集に関する書籍や教材があります。

独学で学ぶメリットは、自分のペースで学べることやコストが低いことが挙げられますが、デメリットとしては、誤った習慣が身につくことや学習のモチベーションを維持することが難しいことがあります。

効果的に勉強するためには、実際に動画を編集して自分で試してみたり、同じ趣味を持つ人やプロの編集者とコミュニケーションを取ることも大切です。

安い動画編集スクールアイキャッチ
参考初心者必見!安くて充実したカリキュラムのオンライン動画編集スクールの選び方とおすすめのスクール5選!!

動画編集は、現代のビジネスやコンテンツ制作において非常に重要なスキルです。 そのスキルを身につける為に、現在オンライン動画編集スクールが注目されています。

続きを見る

動画編集の初め方タイトル
副業に最適!初心者向け動画編集の始め方と稼ぎ方を完全解説!案件獲得の秘訣も伝授!

動画編集は、今やYouTubeをはじめとする各種動画プラットフォームの急速な普及により、非常に需要が高まっています。 本職での動画編集者はもちろんのこと、素人さんから副業の方まで、そのスキルは多く求め ...

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

あっちー

運営:あっちー ブログ歴7年。ブログと合わせてYoutube動画を作成。Illustrator、Photoshopは20年以上前にスクールに通い習得。しかし長年のソフトのアップデートについていけず、再度 デジタルハリウッドのオンライン講座Adobeマスター講座で一通り学ぶ。同時にPremiere Pro、After Effectsも学習。その後は独学でスキルアップ。現在は独学でFilmoraとFinal Cut Proを使っています。

-動画編集の始め方
-