Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36
動画編集の副業は失敗すると言われる5つの理由と対策!!成功者と失敗者の特徴はこれだ?!
Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

Warning: Undefined array key "edit_posts" in /home/slowcamp/sidevideoediting.com/public_html/wp-content/themes/affinger-child/functions.php on line 36

動画編集の始め方

動画編集の副業は失敗すると言われる5つの理由と対策!!成功者と失敗者の特徴はこれだ?!

※当サイトはアフィリエイト広告の利用・プロモーションを含んでいます

アイキャッチタイトル文字

動画編集は、自分のスキルを活かして副業として稼ぐことができる魅力的な仕事の1つです。

しかし、動画編集を学んでも、副業やフリーランスとして稼げないという声も存在します。

成功する人しない人、失敗する人しない人が分かれるのはどうしてでしょう。

動画編集を仕事とした時に、成功するためにはどのようなスキルや心構えが必要なのでしょうか?

本記事では、動画編集の副業で成功するために必要なことや、失敗しないために知っておきたいポイントを紹介します。

また、成功者と失敗者の違いや、対策についても解説します。動画編集で稼ぎたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

動画編集の副業は失敗すると言われる5つの理由

失敗して落ち込んでいる人

動画編集の副業が失敗すると言われるのには、以下の5つの理由が考えられます。

1つ1つ見てみましょう。

失敗する5つの理由

1.副業としての動画編集は、自己管理や自己責任が求められる

2.非常に競争が激しい業界であり、仕事を見つけることが難しい

3.高いクオリティの作品を制作するためには、高い技術力や経験が必要である

4.顧客にとって重要なのは独自性やクオリティの高い作品であり、それを提供できないと失敗する可能性がある

5.常に学び、新しい技術やトレンドを追求する姿勢が求められる

1.副業としての動画編集は、自己管理や自己責任が求められるから

副業として動画編集をする場合、自分で仕事を探したり、納品期限を守ったり、報酬の管理をしたりと、自己管理や自己責任が重要になります。

プロの動画編集者のようなサポート体制や業務システムが整っているわけではないため、自分で仕事をコントロールしなければならないのです。

継続して案件が取れない場合には、クラウドソーシングサイト等で仕事に応募して案件を受注する必要があります。

コンスタントに案件を取れない場合には収入が止まってしまうので、失敗と感じることもあるでしょう。

2.非常に競争が激しい業界であり、仕事を見つけることが難しい

動画編集の需要は増えている一方で、それに応じて動画編集者の数も増えています。

そのため、非常に競争が激しい業界であり、仕事を見つけることが難しくなっています。特に、経験の浅い初心者にとっては、依頼主からの信頼を得ることが難しいため、最初は仕事を見つけることが難しいです。

よく飽和していると言われますが、動画編集の需要は増えているのでまだまだ余地はあると思います。

ただ、より高いクオリティーで作業できる方や実績がある方に一極集中していく可能性もあります。

3.高いクオリティの作品を制作するためには、高い技術力や経験が必要である

動画編集は、映像制作のプロセスであり、高い技術力や経験が必要です。編集技術やソフトウェアの使用方法など、様々な技術的な知識が必要です。

また、クライアントの要望に応えるために、映像編集の知識や撮影技術、音楽の編集など、幅広い知識が必要になります。

逆に言えば、初心者程度の基本知識しかないままだと、受注できる案件も少なくなります。

4.顧客にとって重要なのは独自性やクオリティの高い作品であり、それを提供できないと失敗する可能性がある

動画編集の業界は、クオリティの高い作品を制作することが求められます。競争が激しい業界であるため、どんなに簡単な作品でも高いクオリティが求められます。

また、独自性を出すことで差別化を図ることができます。 つまり、独自性やクオリティの高い作品を提供できないと、失敗する可能性が高くなります。

5.常に学び、新しい技術やトレンドを追求する姿勢が求められる

動画編集の世界は常に進化しており、新しい技術やトレンドが次々に現れます。そのため、常に学び、最新の情報や技術を追求する姿勢が求められます。

例えば、新しい編集ソフトウェアの習得や、映像制作におけるトレンドの把握、モーショングラフィックスやVFX(ビジュアルエフェクト)の技術など、自己投資してスキルアップすることが重要です。

また、顧客のニーズに合わせて最新のトレンドや技術を取り入れた作品を制作することができると、より多くの仕事や高単価の仕事を獲得することができます。

 

動画編集の副業で成功するために必要なこと

成功して喜んでいる人

動画編集を副業として成功させる為には、以下のポイントが考えられます。

ポイント

・技術的なスキルと経験の積み重ね

・クライアントとのコミュニケーション能力の向上

・販売戦略とマーケティングの知識

・独自性とクオリティの高い作品制作

・迅速な納品を実現する

・常に学び、新しい技術やトレンドを追求する姿勢

技術的なスキルと経験の積み重ね

動画編集を副業として成功させる為には、まず第一に、動画編集の技術的なスキルと経験を積むことが必要です。

動画編集ソフトの使い方や映像や音声の編集技術を習得し、編集作業がスムーズにできるようになることが重要です。もちろん動画編集で稼ごうとする人の中には、なにも知識がないままやりはじめる人はいないと思いますが、どの編集ソフトを使うのか、またはその操作方法をどうするのか考える必要があります。

費用をかけず独学で学ぶことや、スクールで効率よく学ぶ方法もあります。

また、撮影技術の理解もあれば、ショットの撮り方やカメラワーク、照明などについての知識を持っていることで、より編集作業が効率的に進むようになります。

クライアントとのコミュニケーション能力の向上

次に、クライアントのニーズに合わせた作品を提供することが重要です。クライアントの求める要件を正確に把握し、それに応じた動画編集作品を提供することで、クライアントからの信頼を得ることができます。

また、クライアントからのフィードバックを受け入れ、改善点を取り入れることで、より良い作品を提供することができます。

クライアント側のニーズに柔軟に応える事ができないと、継続して仕事を受注し難くなる可能性があります。

発注側からしたら、修正してもらいたい箇所を指摘した際、「出来ません」「どうしてですか?」という返事をしてくる人は困ります。

面倒くさいなと思われたら、継続して依頼するつもりだったお仕事も、そこで打ち切りになってしまうことも考えられます。

スキルを習得してプライドを持つことも大切ですが、意固地になるような変なプライドを持たないようにしましょう。

販売戦略とマーケティングの知識

さらに、マーケティングや営業のスキルも必要です。自分自身や自分の作品を宣伝することで、新しいクライアントを獲得することができます。

SNSやクラウドソーシングサイトを利用し、自分自身や作品をアピールすることで、より多くのビジネスチャンスを得ることができます。

個人的にその点を見てみると、特にTwitterを活用している先人が多いように感じます。

私の別ブログのアカウントには、積極的にDMでアピールしてくる人もいるし、過去には勉強のために無料でYouTube動画を編集させてくださいとDMが来たことがありました。

積極的に発信や依頼をすることができれば、成功にも近づくはずです。

独自性とクオリティの高い作品制作

独自性とは、他の動画編集者と差別化を図るために、自分ならではのアイデアやスタイルを盛り込んだ作品を制作することです。例えば、編集のテクニックやBGMの選曲などで独自性を出すことができます。

一方、クオリティの高い作品制作については、映像や音声のクオリティを向上させることが重要です。これには、撮影時の注意点や映像編集のテクニック、音声編集の方法などが含まれます。また、編集ソフトや機材の使い方にも慣れることが必要です。

独自性とクオリティの高い作品制作は、顧客の要望に合わせた提案をするだけでなく、自分のアイデアやスキルを生かしたオリジナルの作品を制作することで、お客様に価値を提供することができます。それによって、副業だけでなく、将来的には動画編集のプロとしてのキャリアアップにもつながる可能性があります。

Twitterでそのことで悩んでいたという動画編集者のツイートを見かけました。

独自性と高いクオリティを持つことで、仕事として続けられるようになるでしょう。

迅速な納品を実現する

迅速な納品を実現することも必要です。クライアントからの仕事を受注した場合、納期を守り、クオリティの高い作品を提供することが求められます。クライアントからの評価やリピート率が向上することで、副業から本業へとステップアップすることも可能です。

常に学び、新しい技術やトレンドを追求する姿勢

動画編集の世界は常に進化し続けており、新しいソフトウェアや機能が次々と登場しています。

また、流行やトレンドも常に変化しており、それに合わせた編集スタイルや技術が求められます。

そのため、成功するためには常に学び続け、新しい技術やトレンドに敏感に反応し、取り入れることが必要です。具体的には、ウェブサイトやSNS、YouTubeなどのオンラインコンテンツをチェックしたり、動画編集に関する書籍やオンライン講座を受講したり、他の編集者との交流を深めたりすることが挙げられます。

以上が、動画編集の副業で成功するために必要なことです。スキルの向上やクライアント対応、マーケティングや迅速な納品の実現に注力し、着実に副業としての収益を増やしていきましょう。

すぐに取り組める成功するための対策

クライアントと握手

成功するための稼ぎ方

・クライアントの要望に柔軟に対応すること

・ポートフォリオに力を注いでいる

・動画編集を楽しむ

クライアントの要望に柔軟に対応すること

動画編集の技術だけでなく、様々な分野の知識や経験を持ち、クライアントの要望に応えることができることが成功への近道。

先述もしていますが、変なプライドは捨てて、クライアントの要望に柔軟に対応出来ることが、継続して案件を受注していける事に繋がります。

単発の仕事を依頼した企業も、再度案件を発注する時に指名してくれる可能性もあります。

ポートフォリオに力を注いでいる

過去の作品を集めたポートフォリオを定期的に更新し、自分のスキルやスタイルをアピールしましょう。SNSでの発信、またはクライアントにもポートフォリオを提示しする際に、信頼を得ることに繋がります。

ポートフォリオの数が少なかったりすると、クライアント側が不安となり見送りになってしまう可能性もあります。何もない場合では、話にもなりません。

動画編集というライバルが多いジャンルでは、ライバルよりも違いを見せつける必要があります。

ポートフォリオもその1つの武器になるので、力を注いでおきましょう。

動画編集を楽しむ

副業であっても、動画編集を本気で楽しんでいることが成功への近道です。動画編集が辛いと感じてしまうようなことがあると、進捗やクオリティーが停滞してしまいます。

熱意や情熱を持ち、常に技術の向上やクオリティの向上に努めてるようにしましょう。

また、楽しむことで仕事のモチベーションを維持し、クオリティの高い作品制作につなげていくことができます。

もし、楽しめなくなったら気分転換やストレス解消を心がけるようにするといいでしょう。

動画編集が辛い理由文字
動画編集の仕事が辛いと感じる理由とは?続けるべきメリットと対策も解説!!

動画編集は、現代において非常に需要の高い仕事の一つです。 YouTubeやTikTokをはじめ、様々なオンラインプラットフォームで動画コンテンツが大量に配信されています。そのため、企業や個人からの動画 ...

続きを見る

成功者と失敗者の特徴とは

成功者の特徴

成功する人は

・広い仕事の領域に対応できる柔軟性がある

・ポートフォリオなど自己のスキルをアピールすることに力を入れている

・自分を安売りしない

・クライアントとのコミュニケーションや納期管理に十分な配慮を行っていて柔軟に対応できる

・常に学び、新しい技術やトレンドを追求する向上心を持っており、自己研鑽に努めている

失敗者の特徴

失敗する人は

・基本的な技術と狭い仕事の領域にしか対応できないため、仕事に不足が生じやすい

・ポートフォリオが十分に充実していなくアピール不足

・低単価の案件ばかりで収入が低くなかなか大きく稼げない

・クライアントとのコミュニケーションや納期管理に不十分であり、クライアントから不満を持たれやすい

・新しい技術やトレンドを追求せず、自己研鑽を怠っているため、ライバルに比べて技術力が低く、需要が減少する傾向にある

・そもそもモチベーション(やる気)がないか低い

以上のことから、このようにまとめることができます。

結果的に、成功する人は積極的に仕事をするしアピールもしています。動画編集の仕事が好きなら、行えることを最大限にしていれば、自ずと成功者へ近づけるはず。

せっかく勉強しても、それで満足。これだけあれば稼げるでしょと向上心もなく変なプライドを持ってしまうと、なかなか稼げないことに繋がりそうです。

まとめ

今回の記事で、副業としての動画編集で成功するためには、以下の点が重要であることを紹介しました。

まず、自己管理や自己責任が求められ、高いクオリティの作品を制作するためには、高い技術力や経験が必要であり、常に学び、新しい技術やトレンドを追求する姿勢が求められます。

また、非常に競争が激しい業界であり仕事を見つけることが難しいため、自分が対応できる仕事の領域が広いこと。さらにはポートフォリオなど自己アピールの場に力を入れることで、クライアントの目に留まるようになります。

さらに、他の動画編集者との違いを出すために、オリジナリティーも求められます。

クライアンから案件を受注した際は仕事を優先し柔軟に対応すること、そしてクオリティの高い作品を提供することが失敗しないための必要条件であることがわかりました。

成功者と失敗者の特徴を比較すると、成功者は積極的に色々なことに取り組むことが求められています。

一方、失敗者は何事にも消極的なのですが、何故か自分に合わない仕事にも無理に取り組んでしまうことがあります。

こちらもCHECK

結果を出す方法アイキャッチ修正版
動画編集をはじめてから1ヶ月で稼げる?1ヶ月でスキルアップして結果を出す方法とコツ!!

動画編集は、現代のビジネスやマーケティングに欠かせないものとなっています。 しかし、初心者にとってはどのように始めればよいのか分からず、収入を得ることは難しく感じるかもしれません。

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ
  • この記事を書いた人

あっちー

運営:あっちー ブログ歴7年。ブログと合わせてYoutube動画を作成。Illustrator、Photoshopは20年以上前にスクールに通い習得。しかし長年のソフトのアップデートについていけず、再度 デジタルハリウッドのオンライン講座Adobeマスター講座で一通り学ぶ。同時にPremiere Pro、After Effectsも学習。その後は独学でスキルアップ。現在は独学でFilmoraとFinal Cut Proを使っています。

-動画編集の始め方
-, ,